ユーザ用ツール

サイト用ツール


Command disabled: media
start

農林水産研究情報総合センター


◆農林水産研究情報総合センター年度末利用報告について

AFFRITの運営規程により、毎年度末、全登録者はアカウント毎に「利用報告」が義務付けられています。
未報告のため継続の意思が確認出来ない場合には、アカウントを停止(抹消)することもありますので、報告忘れの無いよう十分ご注意下さい。

1)「次年度のAFFRIT利用継続の有無」報告(所属組織により異なります)
 【4法人(農研機構、JIRCAS、森林機構、水研機構)及び政策研の所属のみなさま】
  本部・本所の申請窓口で取りまとめの上提出します。
  手続き詳細は所属組織からの案内に従って下さい。

 【上記組織以外の所属、もしくは競争的研究資金による利用登録者のみなさま】
  各自Webからオンライン報告します。もしくは利用報告書を提出します。
  報告用URL等、手続き詳細は対象となる利用登録者に別途メールでご案内します。(2/16送信済)

2)科学技術計算システム利用報告(本システム申請者のみ)
 Webからオンラインで報告します。(今年度利用しなかった場合でも報告してください)
 報告用URL等、手続き詳細は対象となる本システム申請者に別途メールでご案内します。(2/19送信済)

報告期限は、1)、2)ともに2018年3月30日(金)必着 です。

◆多要素認証(クライアント証明書)の翌年度の利用継続手続き

多要素認証に係る申請端末にクライアント証明書を発行していますが、証明書の
有効期限は当該年度末(実際の期限は1ヶ月の猶予期間を加えて翌年度4月末です)
となっています。
証明書の期限が切れるとMAFFIN外部から認証を伴うWebメールなどのサービスが
利用出来ません。

このため、翌年度も利用継続したい端末については、所属組織を通して利用継続
手続きを行って下さい。
(手続き詳細は所属組織からの案内に従って下さい。不明な点はシステム管理者に
お問い合わせ下さい。)

    利用継続申請受付期間: 2月1日(木)~3月30日(金)

継続申請された端末には翌年度用の証明書が発行されますので、速やかに端末への証明書の
インストールを実施して下さい。
なお、ワンタイムパスワード利用カードは、カード自体に有効期限はありませんので、
所属組織に変更がなければ、そのまま継続してご利用いただけます。


◆お知らせ

情報総合センターニュース 第129号を発行しました。(2018/2/16)
 ◎ 今年も「年度末利用報告」の時期がやって来ました!(AFFRIT利用者は必ずお読み下さい!)
 ◎ 論文等への記載のお願い(科学技術計算システムの利用者のみなさまへ)
 ◎ プロキシサーバの導入について

購入決定図書リスト(MAFFIN内部のみ)を掲載しました。(2018/01/22)
 12月28日までにいただいた購入図書のリクエストについて、購入が決定した図書のリストを掲載いたしました。

購入決定電子図書リスト(MAFFIN内部のみ)を掲載しました。(2018/01/11)
 購入が決定した電子図書(EBSCO eBooks)のリストを掲載いたしました。

AGROPEDIAサービス一覧(MAFFIN内部のみ)を掲載しました。(2017/12/14)


◆最近の更新

農林水産研究情報総合センター利用案内

農林水産研究情報総合センターのシステム

  • 科学技術計算システム :!: MAFFIN内部のみなさまのみアクセス可能です
    科学技術計算アプリケーション、スーパーコンピュータが利用できます。
start.txt · 最終更新: 2018/02/19 13:04

ページ用ツール