ユーザ用ツール

サイト用ツール


beginner

初めて利用される方へ

農林水産研究情報総合センター 概要

農林水産研究情報総合センター:Agriculture, Forestry and Fisheries Research Information Technology Center (略称:AFFRIT

主な役割について

  • 農林水産試験研究に関する研究技術情報の収集、保管及びデータベースシステムを開発して、農林水産関係の試験研究機関及び行政機関等への利用提供を行っています。
  • 情報流通基盤としての農林水産省研究ネットワーク(MAFFIN:Ministry of Agriculture,Forestry and Fisheries Research Network)の運用及び科学技術計算のためのアプリケーション利用やデータベース開発、高度なプログラミング環境の提供を行っています。
    このうちMAFFINは, 農林水産省の試験研究機関並びに農林水産省の所管する独立行政法人の拠点を高速通信回線で接続するとともに、希望する公立農林水産試験研究機関等との接続も行い, 農林水産研究情報流通のインフラ整備を積極的に推進しています。
  • 国立国会図書館支部農林水産省図書館農林水産技術会議事務局つくば分館として、国立国会図書館(NDL)及び各省庁の支部図書館との交流を通じ、文献情報や各種資料の収集と提供を行っています。

管理運営について

  • 当センターの管理運営は筑波産学連携支援センター研究情報活用促進課・情報システム課が行っています。

関係規程等

ご利用いただけるサービスについて

農林水産研究情報総合センターのサービスを利用するにはアカウントの取得が必要です。取得するための手続きなど詳しい情報を以下に掲載していますので、ご一読ください。
 なお、アカウント保有者とその他の研究者がメーリングリストや研究データ交換システムを通して安全かつ円滑に情報交換するためには「外部利用登録」の手続きが必要です。外部利用登録の手続きはこちらをご覧ください。

  1. 農林水産研究情報総合センター利用案内
    農林水産研究情報総合センター利用者を対象としたユーザサポートのページです。サービスの詳しい内容や使い方をご案内しています。
  2. 農林水産研究情報総合センター利用案内(都道府県、大学及び民間企業の研究者対象)
    農林水産研究情報総合センターを初めて利用される都道府県、大学並びに民間企業の研究者を対象に、利用申請手続きや提供システムなどをご案内しています。
  3. 簡易マニュアル:はじめての情報総合センター 【利用方法編(簡易版)】 【用語解説編】
  4. 提供システム一覧
    AGROPEDIA、ネットワークサービスシステム、科学技術計算システムについて、サービス項目一覧とサービス毎の利用対象者をご確認いただけます。
  5. AFFRIT資源を利用した成果・利用事例紹介
    「科学技術計算システム」や「基礎数値データ」等を活用した成果や利用事例をパネルやンクを交えて紹介しています。

お問い合わせ

下記アドレスまでお気軽にお問い合わせください。
request@affrc.go.jp

情報総合センター担当窓口のご案内はこちら
MAFFIN接続機関のシステム管理者のご案内はこちら

beginner.txt · 最終更新: 2016/12/19 11:11

ページ用ツール