ユーザ用ツール

サイト用ツール


documents:guide:x-window:x-win-first

はじめに(PDF) X Windowの利用について 全体(PDF)

1 はじめに

農林水産研究情報総合センターが提供している科学技術計算システムのアプリケーションを利用するには、科学技術計算システムの利用登録が済んでいる必要があります。

  • 農林水産研究情報総合センターが提供しているアプリケーションは、「アプリケーション利用案内」https://itcweb.cc.affrc.go.jp/affrit/inside/scs2016/applicationを参照してください。
  • 科学技術計算システムの多くのアプリケーションは、X Window Systemが必要です。

ここでは、X Window System を使ってアプリケーションを利用する手順を紹介します。

X Window System (エックスウィインドウシステム)は、UNIX系オペレーティングシステムなどのGUI(グラフィカルユーザインターフェース)を提供するプログラムで、X11, Xなどと記述されることがあります。

Xは、クライアントサーバモデルに基づき、Xサーバがクライアントプログラムと通信して、画面の出力要求を受け付け、マウスやキーボードからの入力をクライアントに送信します。 ユーザの近くにある端末(PC)側で起動するのがサーバで、遠隔地のコンピュータで起動するのがクライアントとなっており、通常のサーバ・クライアントとは逆の配置になっていますので、混乱するかもしれません。

2 X Windowの利用について

農林水産研究情報総合センターが提供している多くの科学技術計算アプリケーション(SASなど)は、X Window Systemを使って操作・表示を行っています。 ここでは、研究室のパソコンなどから、農林水産研究情報総合センターのX Windowアプリケーションを利用する方法について、ご紹介します。

2.1 利用するパソコンについて

お手元のパソコンによって、X Windowの利用環境が違います。

  • Windows MS Windows環境でX Windowアプリケーションを利用するには、X Serverソフトを導入する必要があります。 X Serverソフトの多くは市販品で、一部に無償(フリーソフト)の物があります。 また、Windows用のソフトウェアではありませんが、KNOPPIXなどのLiveCDにより、一時的にPCをLinux(UNIX)の環境にして、X Windowアプリケーションを利用する方法もあります。
    • 市販のX-Serverソフト 日本語やOpenGLなどへの対応、高機能と安定性、販売元のサポートが受けられるなどのメリットがあります。
    • 無償のX-Serverソフト Cygwinをベースにして、X Server(Xorg)をWindows上で実行する方法があります。 UNIX(Linux)で開発されたソフトウェアをWindowsで実行できるようにする環境(MinGW)を使って開発されたXmingは、Windows用のインストーラが提供されており、導入が容易です。 
  • Apple(MacOSX) Mac OS Xは、内部的にUNIXが動作しているため、X11(X Window System Ver.11)の環境が標準で用意されています。(日本語対応のアプリケーションの表示は可能ですが、日本語入力には対応していません。)
  • Linux(UNIX) Linux(UNIX)は、標準のGUIがX Windowとなっていますので、標準の状態でX Windowアプリケーションを使うことができます。
  • LiveCD KNOPPIXなどのLiveCDにより、Windows環境を変更することなく一時的にLinux(UNIX)環境にして、 X Windowのアプリケーションを利用することが可能です。

2.2 アプリケーションを実際に起動する基本的な操作手順

遠隔地のUNIX(Linux)サーバ(科学技術計算システム)のX Windowアプリケーションを、手元のPCから利用する基本的な手順は以下のようになります。

  1. X Serverを起動する。(UNIX系のシステムでは、最初から起動されている事が多い)
  2. sshコマンド(SSHターミナル)の、X11 Port Forwarding機能を有効にして、科学技術計算システムのログインサーバに接続してログインする。
  3. アプリケーションの起動コマンドを入力し実行する。
  4. アプリケーションの終了は、各アプリケーションのメニュー等から終了する。
  5. サーバからログアウトし、ターミナルやX Serverを終了する。

2.3 X Windowの利用イメージ

X Windowの利用イメージ

  • 利用者はSSHターミナルソフトでサーバに接続します。(X11 Port Forwarding機能をONに)
  • UNIX(Linux)やMacでは、sshコマンドを使って接続します。
    • ssh -Y scion.cc.affrc.go.jp -l norin
    • X11 Port Forwarding ONのオプションは -Y(ラージY)です。(信頼されたX11の転送を許可します。)
    • 接続先のログイン名を -l オプションで指定します。 norin@scion.cc.affrc.go.jp の様に指定することもできます。
  • アプリケーションを起動する。(SASであれば、sas と入力します。)
  • アプリケーションは、PC側のX Serverに対して、表示の指示や入力情報の受取を任せて動作します。
    • ディスプレイへの表示やキーボード・マウスの入力をPC側X Serverが受け持ちます。
    • アプリケーションサーバとPC間の通信は、SSHにより暗号化されます。

2.3.1 よくあるトラブル(X connection to localhost:XX.0 broken)

アプリケーションの起動コマンドを入力してもアプリケーションが起動されない、X connection to localhost:XX.0 broken や can't open display などのメッセージが出る場合は、以下のことを確認してください。

  • Xサーバソフトが起動されていますか?
  • X11 Port Forwarding機能がONになっていますか?

2.3.2 よくあるトラブル(Warning: No xauth data; ... )

アプリケーションの起動コマンドを入力してもアプリケーションが起動されない、Warning: No xauth data; using fake authentication data for X11 forwarding. というメッセージが出る場合は、以下のことを確認してください。

  • ホームディレクトリのファイル容量が上限に達していませんか?
    • quota設定により、ファイル容量が上限に達すると 「.Xauthority」 ファイルに認証 Cookie が書き込めなくなるため、Xの表示ができません。
    • quotaコマンド(フロントエンドサーバでは quota_state コマンド)で、ファイル容量が上限に達していないか確認し、不要なファイルを整理(削除)してください。
  • ホームディレクトリの「.Xauthority」ファイルの書き込み権限は、正しく設定されていますか?
    • 「.Xauthority」ファイルを削除し、再度接続し直してください。

2.4 ファイアウォール、セキュリティソフトについて

Windowsやセキュリティ対策ソフトによるファイアウォール機能が有効な場合に、X Serverソフトを起動したときに、「Windowsセキュリティの重要な警告」などのメッセージが表示される場合があります。

X Serverは、ポート番号6000番で外部からの接続を待ち受ける動作をしますので、セキュリティ対策ソフトなどが危険な動作と判断し、セキュリティの警告が表示されることがあります。

セキュリティの重大な警告 警告が出た場合は、ファイアウォールでブロックする設定としてください。

ブロックする設定としても、SSH X11 Port Forwarding機能を使っている場合は、localhost(自分のPC)からの通信として処理されますので影響がありません。

上記警告ウィンドウで、「ブロックを解除する」を選択した場合は、X11(port6000)の接続がインターネット上のどこからでも許可されますので、ブロックする設定としてください。

2.5 Windows用のX Serverソフト

MS Windowsでは、別途X Serverソフトを導入する必要があります。 ここでご紹介しているソフトは一部です。 試用版(利用期限や機能制限がある)をダウンロードできる製品もありますので、 購入前に動作を確認することができます。

Cygwin/X, Xmingは、フリーソフトです。 Xmingの最新版(Website Releases)は寄付を求められます。(Public Domain Releasesは無料です。)

Windows用X Serverソフトの例
名称 ベンダー URL
Reflection X サイバネットシステム(株) https://www.cybernet.co.jp/reflection/
ASTEC-X 株式会社アールワークス http://www.astec-x.com/
Exceed マクニカネットワークス株式会社 https://www.macnica.net/opentext/exceed.html/
Cygwin/X Cygwin プロジェクトの一部 https://x.cygwin.com/
Xming Colin Harrison http://www.straightrunning.com/XmingNotes/
VcXsrv オープンソースのXサーバ https://sourceforge.net/projects/vcxsrv/
documents/guide/x-window/x-win-first.txt · 最終更新: 2019/01/11 18:45