ユーザ用ツール

サイト用ツール


documents:guide:x-window:x-win-reflection

Reflectionでの利用(PDF) X Windowの利用について 全体(PDF)

3 Windows PCのX Window利用環境

3.1 商用X Serverソフト(Reflection X)での利用

Windows用XサーバソフトReflection Xを例に利用方法を説明します。

  • SSHクライアントとして、PuTTYを使います。
  • 他のXサーバソフトについても、基本的な手順は同じです。
  • Xサーバソフト(Reflection X)のインストール方法については、それぞれのソフト付属のマニュアルを参照してください。

3.1.1 Xサーバソフトの起動

プログラムメニューか、デスクトップ上のショートカットアイコンから、Reflection Xを起動します。

起動すると以下のようなウィンドウが表示されます。

3.1.2 SSH(PuTTY)を使ってリモート接続

Windows用SSHクライアント(PuTTY)のX11 Port Forwarding機能を有効にして、ログインサーバにログインします。 (TeraTermでも同様にX11 Port Forwarding機能があります。)

  • X11 Port Forwarding を有効にする。
    • カテゴリ欄の「SSH」をクリックして展開します。
    • 「X11」をクリックすると「X11フォワーディング」の設定が表示されます。
    • 「X11フォワーディングを有効にする」をチェクします。
  • ログインサーバに接続します。
    • カテゴリ欄の「セッション」をクリックします。
    • ホスト名(またはIPアドレス)の欄に、サーバのホスト名を入力し、「開く」ボタンをクリックして接続します。

3.1.3 アプリケーションの利用

アプリケーションを起動します。 アプリケーションの起動コマンドは、AFFRIT Portal「アプリケーション起動コマンド一覧」https://itcweb.cc.affrc.go.jp/affrit/inside/scs2016/startingを御覧ください。

SASを起動するには、”sas”と入力します。

norin@fe01 $ sas

SASを実行すると、以下のような画面になります。 アプリケーションの操作方法は、マニュアル等を参照してください。

3.1.4 X Serverソフトの終了

アプリケーションを終了します。 終了の方法は、各アプリケーションのマニュアル等を参照してください。

  • SASの場合は、Program Editorウィンドウなどの[File]メニューから[Exit…]を選んで終了させます。
  • HelpやHTML出力機能を使っている場合は、Firefoxなども起動されている場合がありますので、終了させてください。
  • アプリケーションを終了したら、ログアウト(exit)してターミナルを閉じます。
  • 起動していたX Serverソフトを終了させます。
documents/guide/x-window/x-win-reflection.txt · 最終更新: 2019/01/11 11:51